戸塚ブログⅢ

戸塚のこととか鉄道のことなどつれづれに綴っていきます。

雪の信州北陸遠征 その23 最終回

 2月27日夕刻、日が沈む前に松代駅へいってみた。松代ICも近いのでついでである。
重厚な造りの木造駅舎。松代は真田氏ゆかりの史跡などがあるのだが観光客の乗降は少ない。
長野から直通じゃないからね。


 駅北側の海津城跡の駐車場から。
5380.jpg

 須坂行き。まだ日没時刻じゃないんだけど日は西にある雲に隠れてしまった。
5381.jpg

 松代駅は右側通行である。
5382.jpg

 写真を撮っている人がいた。平日なのでテッチャンは少ない。
5383.jpg

 左に側線がある。第二次大戦中松代大本営建設のための貨物輸送に利用された側線である。
5384.jpg

 駅舎側から屋代行き。
5385.jpg

 O(オー)6編成。須坂屋代間は40分くらいなのですぐ戻ってくる。
5386.jpg

 日が沈んでからの駅舎。高速に乗る前にもう一回撮る。
これが最後と思うと立ち去りがたいんだよね。
5387.jpg

 駅入り口。さて上信越道で帰宅の途につく。
そういえば小布施にあった保存車両が信濃川田に移動しているそうである。
今後はそっちで保存するのだろうか。駅舎も併せて保存してほしいね。
5388.jpg

 さて、22時過ぎに自宅に着いて車を見ると・・・
午前中二本木周辺で車に凍り付いた雪のなごりがあった。寒かったからねえ。
5389.jpg

というわけで雪の信州北陸遠征記はおしまい。
今度は屋代線の廃線巡りでもしてみようかなあ。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/04(水) 19:32:04|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の信州北陸遠征 その22

 2月25日に続いて27日に再び長野電鉄屋代線。
3月31日限りで廃止されたが3月下旬はずいぶん混雑したらしいね。

 これは信濃川田駅舎を屋代行きホームから。


 ホーローの駅名票は隣の若穂がないのだがこれには若穂が入っている。
5371.jpg

 ホームから見た風景。上信越道の向こうは菅平高原に続く山。
5372.jpg

 O6編成が来た。ラッキーだね。乗降があった。
5373.jpg

 すぐに発車。誰もいなかったのでまったりと撮影できた。
5374.jpg

 須坂へ向けて発車。
5375.jpg

 2日前は薄暗くなってからの撮影だった。新緑の時や紅葉の時に撮っておけばよかったなあ。
5376.jpg

 夕日に光るステンレスの顔。
5377.jpg

 信濃川田駅を撮るのは最後だな。この駅舎は再利用されるのかな。
5378.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/03(火) 20:58:38|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の信州北陸遠征 その8

 夜間瀬から屋代線に向かう途中桜沢に寄ってみた。さっきは見えなかった山が見えていた。
上の方は白くなっていて寒そう。寒いので横着して車の中から撮っている。
5167.jpg

 小布施の町中を通った。桜井甘精堂。先を急ぐので寄らなかったけど写真だけ撮った。
5168.jpg

 信濃川田についてびっくり。ファンの数がハンパないんだよ。
私の撮ったこの位置は別にベストというわけではなく人が少なかった場所。
それでも先客の三脚が2本立っていた。画面すぐ左ぎりぎりの位置にも数人のファンがいる。
5169.jpg

 電車が行ってしまうとちょっとだけ静かになる。でもまだ私を含めて数人いた。
5170.jpg

 私はもう1回交換を撮影。さっきとは反対側から山を入れて撮る。さっきもこっち側がよかったんだけどね。
5171.jpg

 さっきのO2編成が屋代から戻ってきて交換。電車を待っている間寒かったよ。
5172.jpg

 このときは駅の向こう側にもファンがいてここ入りませんかって聞いてきた。
薄暗いし黒っぽい服なので気になりませんよっていった。実際電車が止まっているときには見えないし。
5173.jpg

 さて、撮影が終わって湯っ蔵んどで温泉にに浸かる。
冷えた体に温泉はいいねえ。ゆっくりと暖まってから夕ご飯を食べた。
5174.jpg

 土曜日の夜だったのでずいぶんお客さんがいた。人が多かったので浴室は撮れなかったよ。
5175.jpg

 この後300kmほどの移動だった。上信越道は雪が降っていたが路面には積雪がなくよかったよ。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/11(日) 21:53:39|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の信州北陸遠征 その7

 夜間瀬の俯瞰場所。堤防に30人くらい見える。
むこうからも私が見えるだろうけどここは入らないからね。


 やがて霧の向こうにD編成が姿を現した。そういえば去年も同じの撮ったよな。
上条駅を出たところ。やっと雪景色だよ。
5160.jpg

 上条の踏切にさしかかる。数人のファンの姿が見える。
5161.jpg

 踏切を過ぎて勾配を下る。
5162.jpg

 夜間瀬のカーブ。架線柱と電柱と電線が密になっているところでタイミングが難しい。
5163.jpg

 夜間瀬駅に停車。
5164.jpg

 夜間瀬駅から鉄橋への勾配を下る。この区間って最高で40‰もあるんだよ。
5165.jpg

 そして大勢のファンに迎えられて鉄橋を渡る。
すごいシャッター音だろうね。ここじゃ電車の音しか聞こうないけど。
5166.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/10(土) 14:27:18|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の信州北陸遠征 その6

 雪の信州北陸遠征の福井鉄道をアップしました。


 さて、坂城ICから上信越道で長野ICへ。
D編成までちょっと時間があるので金井山大室間のトンネルのところへ行った。
みぞれが降っていたので踏切が鳴るまで車の中にいた。
ラッキーなことに最初に来たのが営団時代の姿に戻った3500系O2編成だった。幸先がいいね。


 後追い。自転車のオバチャンがいいね。
このあとの2100系はずいぶん遅れていた。
5153.jpg

 長野線へ向かう途中信濃川田駅へ寄ってみた。
北へ移動するにつれみぞれから雪に変わった。
5154.jpg

 信濃川田駅前にある有限会社萬屋材木店。
いままで普通の民家だと思っていたんだけど材木店だった。
5155.jpg

 須坂長野東ICからちょっとだけ高速に乗り小布施スマートICで降り桜沢を通り夜間瀬へ移動。
駅近くの町浦踏切にはすでに数人のファンが三脚を立てていた。
ここではもう完全に雪になっていた。あたりは霧でちょっと離れると電車が見えなくなっちゃうなと思って踏切で撮ることにしたんだよ。2100系の後追い。待っている間少しずつ霧が晴れてきた。
5156.jpg

 D編成が来る頃にはさらに霧が晴れて高社山の麓がずいぶん見えるようになった。
ちょうど雪が小降りになってピントが雪に惑わされなくてよかった。
といっても置きピンで撮ってるんだけどね。
5157.jpg

 この日のD編成は各停として運転されていたので夜間瀬にも停車する。
これだけでもかなりの急勾配だってわかるね。
5158.jpg

 返しの列車もここで撮る人がいるようだったが、だいぶ霧が晴れたので私は俯瞰にチャレンジすることにした。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/09(金) 23:06:00|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

戸塚子

Author:戸塚子
戸塚ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

戸塚 (103)
東海道線・横須賀線 (489)
JR (193)
私鉄・第3セクター (132)
根岸線 (125)
江ノ電 (42)
小田急線 (125)
京浜急行 (36)
箱根登山鉄道 (34)
東急電鉄 (19)
長野電鉄 (57)
しなの鉄道 (20)
御殿場線 (11)
信越本線 (51)
中央東線 (105)
中央西線 (46)
大糸線 (10)
飯田線 (13)
岳南鉄道 (6)
東北 (109)
羽越本線 (22)
北陸の鉄道 (83)
高山本線 (20)
横浜 (135)
藤沢湘南 (84)
鎌倉 (11)
神奈川 (45)
東京 (121)
信州 (68)
関西 (25)
山陰山陽の鉄道 (55)
九州の鉄道 (48)
旅 (17)
風景 (145)
温泉 (10)
Country Music (9)
写真・カメラ (11)
パソコン (8)
北海道 (118)
庭の木や草 (3)
海外 (34)
ノンジャンル (43)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR