戸塚ブログⅢ

戸塚のこととか鉄道のことなどつれづれに綴っていきます。

東海道 茅ヶ崎周辺 6

 鳥井戸橋から鶴嶺八幡宮へ向かう。松並木になっている。
この松並木を八丁松並木という。
19298.jpg

 壊れた自動販売機とか・・・
19299.jpg

 南湖の左富士のところが一の鳥居。二の鳥居のところにある太鼓橋。
関東大震災で損壊したものを大正14年に復元したもの。
19300.jpg

 二ノ鳥居から本殿。
19301.jpg

 石灯籠の並ぶ参道。
19302.jpg

 本殿はわりと小さい。
祭神は應神天皇、仁徳天皇、佐塚大神。
長元三年(1030年)、源頼義は下総の乱を鎮定するため懐島郷(現地)に至り、源家の守護神石清水八幡宮を勧請して戦勝祈願をしたことが起源らしい。
19303.jpg

 鶴嶺稲荷神社。
19304.jpg

 本殿右手前にある大銀杏は、源義家が父頼義の応援のため懐島郷に入り、戦勝祈願をして手植えをしたもの。樹齢約950年、樹高30m、根回り目通り共に9mある。かわらけ投げができる。かわらけに息を吹きかけて厄割石に当てて厄払いを祈念する。
19305.jpg

 ちょっと珍しい水に溶けるおみくじ。水に浮かべて祈るんだよ。
19306.jpg

 この神社にも鐘楼がある。神仏混交時代の名残。元日のみ初詣に来た人がつくことができる。
19307.jpg

 正保年間(1644~1647年)の別当常光院の僧、朝恵が復興を志し、地頭山岡氏の援助を得て社殿を再興した。その朝恵上人の石碑。というわけで間の宿茅ヶ崎の散策はおしまい。
19308.jpg


スポンサーサイト

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/12(土) 19:19:29|
  2. 神奈川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海道 茅ヶ崎周辺 5

 南湖の交差点のところにしゃれた家がある。
ニシノミヤの輸入住宅のモデルハウスだ。
19289.jpg

 裏口の手すりもしゃれている。
19291.jpg

 トマトスープも売ってるらしい。デリシャスって書いてある。
19292.jpg

 そのモデルハウスの裏にはもう1棟。
こちらはニシノミヤショップという輸入雑貨のお店。こういうのが好きな人にはいいかも。
19290.jpg

 モデルハウスの隣には格子戸の家がある。親和工業の表札がある。
19293.jpg

 南湖からさらに歩く。
19294.jpg

 千ノ川の鳥井戸橋にさしかかる。
19295.jpg

 ここは南湖の左富士。
東海道を京都に向かうとき富士山は基本的に右側に見える。しかしこの南湖からは左側に見えるのである。
この日はあいにく曇りで富士山は見えなかったが。左富士はあとは静岡県の吉原がある。
19296.jpg

 左富士の石碑のところから右側に鳥居が見える。鶴嶺八幡宮の鳥居である。
19297.jpg


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/11(金) 19:35:04|
  2. 神奈川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海道 茅ヶ崎周辺 4

 さらに国道1号線を歩くと第六天神社がある。


 戸塚にも第六天神があるが由来は同じイザナギ、イザナミから数えて六代目ということである。
19279.jpg

 手水で手と口を漱いでお参りしよう。
19280.jpg

 本殿左側のスサノオノミコトを祀る八坂神社。
19281.jpg

 文化九年の灯籠。
19282.jpg

 弘化二年の庚申塔。青面金剛像である。
19283.jpg

 寛永とか文禄年間の庚申塔群。
19284.jpg

 けっこう立派なしめ縄だ。
19285.jpg

 10月上旬の撮影なので葉っぱは緑だがギンナンがたくさん落ちていた。電車で来たので拾えなかった。
19286.jpg

 南湖の信号を左に入ると金剛院がある。
19287.jpg

 真言宗のお寺でこれは大師堂。弘法大師を祀ってあるんだね。
19288.jpg


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/10(木) 19:16:20|
  2. 神奈川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海道 茅ヶ崎周辺 3

 茅ヶ崎は東海道五十三次の宿場ではなく間ノ宿にあたる。
したがってけっこう史跡が残っている。これは茅ヶ崎駅から右側の道を国道1号線に出たところにある一里塚。
江戸から十四里。国道1号線沿いの市街地なのにちゃんと残っている。


 その名も一里塚という交差点。
19265.jpg

 茅ヶ崎山円蔵寺。国道1号線川が裏門になる。
本尊は薬師如来と厄除秘鍵大師で茅ヶ崎厄除け大師とも呼ばれている。
19266.jpg

 山門。
19267.jpg

 本堂。
19268.jpg

 境内にある地蔵。
19270.jpg

 いつのものか読み取れなかった庚申塔。
19271.jpg

 もともと本村にあったのだが関東大震災で倒壊してこの地に移された。
八王子神社はこの円蔵寺の別当だった。
19272.jpg

 十間坂信号から茅ヶ崎駅へ向かう商店街。
19273.jpg

 十間坂の地名は、ここから富士山だとか箱根などがよく見えて十景坂といわれたことが由来らしい。
19274.jpg

 懐かしいポストも残っている。道路は国道1号線、旧東海道。
19275.jpg

 フユザクラが咲いていた。
19276.jpg

 国道1号線沿いに昭和の香りの残る家も残っている。
19277.jpg

 先週の中央西線をアップしました。こちらからそうぞ。


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/09(水) 19:51:47|
  2. 神奈川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海道 茅ヶ崎周辺 2

 国道1号と県道404号の交差点に本村のタブノキがある。
照葉樹林の代表的な樹種で湘南にも多い。ここのものは住宅街にありながらもかなり大きい。というわけで茅ヶ崎市重要樹木に指定されている。


 そこから住宅街を歩く。立派な門構えのお屋敷があったりする。
19251.jpg

 東海道、国道1号からちょっと入ったところに八王子神社がある。
19253.jpg

 古くは八王子権現といい円蔵寺の守護神として祀られていたが、明治5年の神仏分離によって、円蔵寺の別当から八王子神社と改称し、茅ケ崎市本村の鎮守となった。そんなわけで鐘楼もある。
19252.jpg

 境内にある力石。祭礼などで氏子の若者たちが力くらべをするのに用いた石らしい。
19254.jpg

 本殿隣には天満宮。
19255.jpg

 撮影は9月下旬なのでまだ緑色。
19256.jpg

 庚申塔。寛永、寛文、延宝年間のもの。
19257.jpg

 天満宮のとなりにはお稲荷さんもある。
19258.jpg

 お稲荷さん横の五輪塔など。
19259.jpg

 神社周辺は住宅街。
19260.jpg

 ちょっと歩くと相模線の線路際に出た。
19261.jpg

 せっかくなので写真を撮る。ちょうど国道1号の下あたり。
19262.jpg

 ついでにさっき通った踏切でも撮った。相模線なんて近いけど写真を撮りに来るなんてないからね。
19263.jpg


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/08(火) 19:00:16|
  2. 神奈川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

戸塚子

Author:戸塚子
戸塚ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

戸塚 (103)
東海道線・横須賀線 (489)
JR (193)
私鉄・第3セクター (132)
根岸線 (125)
江ノ電 (42)
小田急線 (125)
京浜急行 (36)
箱根登山鉄道 (34)
東急電鉄 (19)
長野電鉄 (57)
しなの鉄道 (20)
御殿場線 (11)
信越本線 (51)
中央東線 (105)
中央西線 (46)
大糸線 (10)
飯田線 (13)
岳南鉄道 (6)
東北 (109)
羽越本線 (22)
北陸の鉄道 (83)
高山本線 (20)
横浜 (135)
藤沢湘南 (84)
鎌倉 (11)
神奈川 (45)
東京 (121)
信州 (68)
関西 (25)
山陰山陽の鉄道 (55)
九州の鉄道 (48)
旅 (17)
風景 (145)
温泉 (10)
Country Music (9)
写真・カメラ (11)
パソコン (8)
北海道 (118)
庭の木や草 (3)
海外 (34)
ノンジャンル (43)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR