戸塚ブログⅢ

戸塚のこととか鉄道のことなどつれづれに綴っていきます。

冬の東北乗り鉄合宿 46

 やっときた米沢行きキハE120系。雪は相変わらず降っている。
20269.jpg

 橙色のラインが無彩色の風景の中で唯一色がある。レールが見えないのがいいね。
20270.jpg

 振り返って手ノ子方。
20271.jpg

 帰り道はさっき除雪されたので歩きやすかった。駅に戻ると雪は小降りになっていた。
20272.jpg

 若い衆の乗った坂町行き。線路が見えている。
20273.jpg

 さらに撮って・・・ 
20274.jpg

 すぐに乗ろうとしたらワンマン運転なので一番前のドアしか開かないんだよ。あわてて前まで走った。
20275.jpg

 トンネルを抜けてきたので窓の外が曇った。
20276.jpg

 坂町行きも小国で少々停車。
20277.jpg

 うまさぎっしり新潟の駅名票。
20278.jpg

 新潟平野に出ると雪はやんでいた。
20279.jpg

 坂町に到着。小国からは乗客がけっこういた。
20280.jpg

 米坂線本編こちら


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/02(木) 18:17:01|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の東北乗り鉄合宿 45

 飯豊町立手ノ子小学校。ブランコや雲梯だけ色がある。
20258.jpg

 食堂と民宿おじか。
20259.jpg

 小学校の横の小さな祠。
20260.jpg

 次は源居寺に行ってみよう。曹洞宗のお寺で本尊は聖観音。
20261.jpg

 こっちも山門前は杉並木だ。
20262.jpg

 雪に埋もれた石仏。
20263.jpg

 本堂。
20264.jpg

 本堂の奥にある高峰観音堂。通称大鹿観音堂。
白川ダムに水没する地にあったが昭和46年にここに移設された。
本尊は十一面観音で置賜三十三観音の第二番。
20265.jpg

 ちょっと気温が上がって屋根から雪が滑り落ちる。
20266.jpg

 融雪用の水なんだけど所々勢いが強すぎてカサの上まで飛んでくる。
20267.jpg

 さて列車の時間までいったん駅に戻って時間をつぶしたあと、撮影地へ。
落合集落へ続く道。列車通過の5分前に道路の除雪車が来た。あわてて近くの家の車庫の脇に避難。
列車通過時じゃなくてよかったよ。
20268.jpg


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/01(水) 18:59:28|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の東北乗り鉄合宿 44

 雪の手ノ子を歩いてみよう。けっこう車が通る国道113号線。
手ノ子駅前にある食堂いわはなや。この日は貸し切りという表示が出てた。安くておいしいらしいよ。
20246.jpg

 食料品の新丸五商店。
20247.jpg

 新丸五商店の信号を入ってちょっと歩いたところが撮影予定場所。
20248.jpg

 その信号を南側に折れると手ノ子の集落。
20249.jpg

 八幡神社に行ってみよう。
20250.jpg

 八幡太郎源義家が安倍貞任討伐の折、この神社を創立し戦勝を祈願したと伝わる。
20251.jpg

 北緯38度の雫という湧水。蟹田が北緯41度だったからだいぶ南に来たね。
20252.jpg

 途中まで頑張ってラッセルしたけど疲れたので本殿まで登るのは断念。
20253.jpg

 石段の下の方は雪が少ないんだけどね。
20254.jpg

 神社の下にある福祉施設のようだが誰もいない。
20255.jpg

 その脇に飯豊町の除雪車。
手ノ子は山形県飯豊町。町役場は羽前椿にある。
20256.jpg


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/28(火) 18:48:47|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の東北乗り鉄合宿 43

 若い衆は米沢まで往復乗車するのだが、私はこの日は途中下車して写真を撮ろうという計画だった。
最初この羽前松岡で降りようと思ったのだが、雪がかなり降っていてしかもここの待合室は貧弱なのでさらに先へ行くことにした。
20235.jpg

 伊佐領の撮影地まではちょっと離れているのでさらに先へ。手ノ子まで行くことにした。
20236.jpg

 だんだん雪が深くなってきた。
20237.jpg

 羽前沼沢。
20238.jpg

 雪の手ノ子で下車。
20239.jpg

 私の他にも降りた人がいたよ。
駅周辺は飯豊町の集落があるから乗降も少しはあるようだ。
20240.jpg

 若い衆の乗った米沢行きを見送る。
20241.jpg

 2008年に来たときは車だった。列車で来たのは1976年以来のことだ。
20242.jpg

 ホームの除雪用だね。
20243.jpg

 撮影する列車まで1時間50分、若い衆の乗った折り返し列車までは2時間20分もある。
ちょっと周辺を歩いてみよう。すごい雪だ。
20244.jpg

 「手ノ子」、「てのこ」の文字が大きい手ノ子駅舎。
雪が激しくカメラがすぐ雪まみれになるので懐に入れる。
20245.jpg



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/27(月) 18:28:45|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の東北乗り鉄合宿 42

 公民館が併設されている越後片貝。内陸に入るにつれてだんだん雪が増えてきた。
20224.jpg

 越後金丸駅。2面2線の交換可能駅。
米坂線は国道113号線が併走していて交通量も多い。
20225.jpg

 私が初めてこの駅に降り立ったのは1976年の11月だった。
20226.jpg

 1970年、山と渓谷社発行の山渓カラーガイド「蒸気機関車の旅」によると、このあたりは風が強く著者の廣田尚敬氏は「風の金丸駅」と書いている。この駅は昭和21年まで電灯もなく列車が来るたびにカーバイドをたいたとも書いてある。
20227.jpg

 米坂線の線路は荒川を何度か渡り返す。
20228.jpg

 かなり雪が降っていて遠景が霞んでて墨絵のような風景。
20229.jpg

 小国駅。4分ほど停車する。2008年の秋にこの駅でキハ52を撮っている。
米坂線のページはこちらをどうぞ。
20230.jpg

 数人の乗降があった。ホームの端のほうは雪の上に踏み跡がない。
20231.jpg

 前を撮ったり後ろを撮ったり・・・
20232.jpg

 小国は飯豊連峰への北の玄関口である。
ここから玉川口駅のあった玉川を遡ったところにある飯豊鉱泉から石転沢の雪渓を登るルートが有名だが、私が行ったときは例年になく落石が多いということで隣の梶川尾根を登った。登り口からえらい急登でつらかったなあ。
20233.jpg

 4分の停車時間はすぐに過ぎる。鏡の中に私が写っている。
20234.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/26(日) 19:28:45|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

戸塚子

Author:戸塚子
戸塚ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

戸塚 (103)
東海道線・横須賀線 (489)
JR (193)
私鉄・第3セクター (132)
根岸線 (125)
江ノ電 (42)
小田急線 (125)
京浜急行 (36)
箱根登山鉄道 (34)
東急電鉄 (19)
長野電鉄 (57)
しなの鉄道 (20)
御殿場線 (11)
信越本線 (51)
中央東線 (105)
中央西線 (46)
大糸線 (10)
飯田線 (13)
岳南鉄道 (6)
東北 (109)
羽越本線 (22)
北陸の鉄道 (83)
高山本線 (20)
横浜 (135)
藤沢湘南 (84)
鎌倉 (11)
神奈川 (45)
東京 (121)
信州 (68)
関西 (25)
山陰山陽の鉄道 (55)
九州の鉄道 (48)
旅 (17)
風景 (145)
温泉 (10)
Country Music (9)
写真・カメラ (11)
パソコン (8)
北海道 (118)
庭の木や草 (3)
海外 (34)
ノンジャンル (43)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR